─のらねこ戦記─

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近のMSX事情その1(2015/03)

<<   作成日時 : 2015/03/31 06:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに更新。なつかしの8ビットマシンの事情など



 ここ数年は使っていなかった手元のMSXを起動させたところ、FDDから異音発生。
 ファミコンのディスクシステムと同じく、FDDベルトが切れる現象に陥ったらしい。なんとか修理できる方法がないか調べつつ、最近のハード事情などを調べてみた。

1.MSXを最近のテレビやモニターに繋げる方法。

 そもそも、最近のテレビにはビデオ端子どころかS端子もなく、D端子すら廃止されてHDMI端子のみに変わりつつある。
「S端子→HDMI化」というコンバーターを使う手もあるが、その代わりに4:3という画面比率に対応してないので、横に引き伸ばされた画面になってしまう。
 画質や歪みが気になる場合は「RGB21ピンケーブル+電波新聞社 FRAMEMEISTER」という組み合わせを使う方法もある。



FRAMEMEISTERの説明書PDF

 元からのビデオ端子(コンポジット・S端子)があればそのまま繋いでもいいし、21ピンのRGBケーブルを経由しても可能。

MSX2,MSX2+用 RGB21ピン接続ケーブル
穴場開発事業団


Amazonアソシエイト by MSX2,MSX2+用 RGB21ピン接続ケーブル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 また、ケーブルを販売している「穴場開発事業団」というところでは、RGB21ピンからD-SUB15ピンに変換してくれる変換ユニットも販売されている。15Khzに対応しているモニターが手元にあるのなら、こちらを試してもいいかも。

 うちの環境では、古いアナログの録画ボードをPCに接続し、そこのS端子からモニターに映しています。
 

サンコ- HDMI ビデオキャプチャーカード HDMVC4UC
サンコー
2011-05-19


Amazonアソシエイト by サンコ- HDMI ビデオキャプチャーカード HDMVC4UC の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 FRAMEMEISTERのHDMI出力先をこちら側にすることで、プレイ内容の録画をすることも可能になります。
 MSX本体を常時使うのでなければ、音楽ファイルの演奏などをPCに録画しておくのが管理上は手軽かもしれません。

 また、PCモニター向けにDVI端子から映像を出力する「X-RGB3」もあります。こちらでもアスペクト修正は出来るので、環境と好み次第かも。

電波新聞社 XRGB-3 DVI対応アップスキャンコンバーター DP3913418
電波新聞社
2006-07-15


Amazonアソシエイト by 電波新聞社 XRGB-3 DVI対応アップスキャンコンバーター DP3913418 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



X-RGB3の説明書

 モニター関連で調べたのはここまで。
 FDD関係はまた後日にまとめてみます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

検索リンク

最近のMSX事情その1(2015/03) ─のらねこ戦記─/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる