─のらねこ戦記─

アクセスカウンタ

zoom RSS 感想:ガンダムSEED DESTINY 第31話

<<   作成日時 : 2005/06/01 02:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<BASE target=_blank>

 間が空きましたが第31話から。

■ 第31話「明けない夜」 ■



 艦長室に連行されるシン。タリアの質問に対して「エクステンデッドも人間だ。死んでも構わないように扱うなんてひどい」と反省する様子は皆無。それに対して軍法や組織論を説いたタリアだが、こういう言い方の方が説得力があったんじゃないだろうか。

タリア:
「彼女も一人の人間ではあるけれど、同時に優秀な兵士でもあるの。彼女の手によって多くのザフト軍兵士が犠牲を出している事も解っているでしょう。ハイネの事を忘れたの?
 彼女が連合に戻ったら、再びパイロットとしてザフトに牙を向いてくるかもしれない。仮に『もうパイロットはしない』と約束したとしても、状況次第でどうなるか解らない事くらいは解るわね?
 あなたにとって、彼女は親近感の持てる存在だったかもしれない。だけどこの先、彼女が味方の将兵……あなたの顔見知りをも殺した時、あなたはどう責任をとるつもりでいたの。それを引き受ける覚悟までしていた?」

 ……と、ここまで言っていたら、完全にグウの音も出なかったでしょうね(^_^;)。シナリオ側は「人道的」に振る舞ったシンをフォローしたいらしいので、そういう追求の仕方はやらないかな。
 前にも少し書いたように、オーブ戦で死んだのは両親だけ。そして、マヤはプラントで暮らしているような状況だったら、簡単には踏み切れなかったでしょう。ザフトへの帰属心をいくらか持っているか、恩義がある存在に危害が及ぶ可能性を考えれば、もう少しステラ救出に関して葛藤していたでしょうから。

 これまでの時点で、内面の優しさなどを紹介するエピソードが乏しかったのが惜しい。だから、こういう暴走行為の際に視野の狭さばかりがアピールされてしまう。だから、今までの「ステラに優しい」だけでは、観ている側からの共感は得られにくい。
 こういう状況は「08MS小隊」ほか、たくさんの作品で登場している。非常時において敵と協力関係になったり見逃すというケースもある訳です。艦内に収容してからだと、今回のように無理がありすぎる形になる。
 どうしてもやるなら、戦闘時に気づいてわざと見逃すくらいが適切だったんじゃないかと思います。それにレイが気づいてサポートしたという形で、今回のような流れにする事も可能ですからね。



 上記のようなことをアスランが触れてくれているが、レイに遮られてしまった形。ですが、シンの味方をしたという訳でも無さそう。自分と同じ「犠牲者」を、何らかの形で救いたかったという意志にも見える。こういう彼自身の考え方をもっと早い段階で出していれば、三人の違いがくっきりと出せていたはず。

 オーブへの帰還予告をするカガリ。連合勢力をアークエンジェルで削りつつ帰国して、クーデターでも起こすつもりなんだろうか? 結婚がイヤで逃げ出しただけにしか見えなかった以前よりは、少しマシになった気もするけれど……、父親と全く同じことをやってしまいそうな予感(汗)。
「銀英伝」でラインハルトが見せたような、巧みな外交手腕を発揮するのか。あるいは、トリューニヒトのように国民を酔わすような演説を期待するのは無理かな。少なくとも、この作品でアピールしたいのは「反戦平和主義」であって、そういう意味での現実性では無さそうですね。

 たぶん、連合からの離脱とプラントへの中立宣言を実施。そして連合かプラントから攻撃されて、再度戦場と化すオーブ。現実を無視した理想主義者のたどる運命か……。ああ、だから「運命」という題名なのかも。



 シン、議長のお声掛かりで無罪放免。ザフト軍のトップエースという功績を差し引いたとしても、これは……。非常時につき処分は当面延期とする……くらいならまだ解るんですけど。シンの処分を厳しくすると、レイにもとばっちりが行きかねないのでこうした、と考えておいた方が良さそう。

 連合の切り札、デストロイガンダム登場。至近距離での戦闘シーンを観ているとたまに、「長距離兵器の方が便利なんじゃ?」と疑問に思うんですが、空母戦闘でも有視界距離で戦うような世界観なので、これはこれでいいんでしょう。
 敵戦線を突破するために作られた、採算度外視の決戦兵器というところですか。

 ……都市ごと焼き払っていますね。ジブリールさんはどんな政治的影響力をお望みなんでしょうか? やっぱり「真の黒幕」が出てくる前触れなのかも。なにとぞ、ルドルフとかラインハルトのような、強力な策略家をお願いします>シナリオ担当様。現状では、フレーゲル男爵を連合側の盟主にしているようなもんですからね(T_T)。

 残りの感想はまた後日。

 時間が出来れば、機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2くらいから感想を書くかもしれません。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

検索リンク

感想:ガンダムSEED DESTINY 第31話 ─のらねこ戦記─/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる